IBMとネットワーク・アプライアンス、EMC対抗で結束

Matt Hines 2005年04月07日 13時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMとNetwork Applianceは米国時間6日、製品製造に関する新たなパートナーシップ契約を結んだと発表した。両社はこの提携を通して、一部ストレージ製品のマーケティングを共同で行い、マーケットリーダーであるEMCを追撃する構えだ。

 同契約の下、IBMは間もなく、Network Applianceが製造するシステムをIBMブランドで販売開始する。IBMブランドで販売されるのは、Network Applianceの「NearStore」および「NetApp V-Series」ストレージシステムの各バージョンで、これらのデバイスを稼働させるソフトウェアも同梱される。

 両社によると、同契約によりIBMは他のどの再販業者よりも多くの国々にNetwork Applianceの技術を投入することになるという。

 IBMの幹部は、本契約が締結されたことで、アーキテクチャ開発における高い柔軟性を求めるEMC製品ユーザーに、新たな選択肢を提供できると述べている。Network Applianceが製造するシステムは、オープンスタンダードに基づいて設計されているというのがその理由だ。

 「われわれの顧客は、ポイントソリューションではなく、もっと統合的な製品を導入するようになっている」と、IBMのTotal Storage部門を率いるワールドワイドバイスプレジデントBarry Rudolphは述べている。「産業界において他社とオープンかつ協力的な関係を築くことは、より広範な製品ラインを確保することにつながる。また、EMCを含むプロプライエタリ分野での競合企業よりIBMの方が、多くの選択肢を多くの顧客に提供できるようになることも意味している」(Rudolph)

 両社は、同契約の締結で、Network Applianceのソフトウェアアプリケーションと、IBMの「Tivoli Storage Manager」製品ラインの統合が促進されるとも話している。IBMのTivoli Storage Managerは、IBMのパートナー企業製品とともに使用できるよう開発された、バックアップおよびリカバリ製品パッケージだ。さらにNetwork Applianceは、IBMをNetApp製品のテープシステムの優先的なサプライヤーとして位置付けるとも発表している。

 両社ともに、今後も積極的に他企業とパートナーシップを結んでいく意向だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR