VBユーザーをなだめるマイクロソフト、奪取をねらう他社

David Berlind(ZDNet.com) 2005年04月07日 21時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft WatchサイトのMary Jo Foleyによると、Microsoftが自社サイトのなかで「VBRun」ページを開設したようだ。同社はこのページを通して、Visual Basic .NET(VB.NET)への移行を迫られ怒り狂っている旧VB(バージョン6以前)のユーザーに、移行に役立つ情報などを提供する。狙いは彼らの怒りを緩和することだ。同サイトのトップページには、MicrosoftのVisual Basic製品マネージャJay Roxeからの次のようなメッセージが掲載されている(ただし、あくまで移行が前提だ)。「『VB Fusion』では、VB 6とVB .NETを一緒に利用する場合の具体例をご覧いただけます。 『Stay the Path』のページでは、VB.NETについていろいろ知りたいと思うVB 6ユーザーの皆様のために、さまざまな情報や無償トレーニングをご用意しております」。

 Microsoftは、Visual Basicの旧バージョンの無償サポートを打ち切る決定を下した。しかし、これに反発した開発者らがその撤回を求めて、署名活動を開始した。それでも、Microsoftは頑なにこの決定を曲げようとはしていない。Foleyによると、開発者らはすでにほぼ5000名分の署名を集めているという。

 一方、Real Softwareは、旧VBユーザーに対し、VB.NETへの移行を必要としないセーフティネットを提供しようとしている。同社では、Linux上でVBアプリを動かせるようにするなど、VB開発者のニーズに特化したソリューションを開発している。同社のウェブサイトによると、VBのユーザーは、RealのREALbasic 5.5 for Windows Standard Editionに無償でアップグレードできるという。RealのマーケティングディレクターGwen Palmerからの電子メールによると、すでに1万人を超えるVBユーザーがこのサービスに契約しているという。

 他社の顧客を奪う絶好のチャンスを1つも逃すまいと、Sunも旧VBユーザーに対してあるメッセージを伝えようとしている。「1つの時代の終わり(End of an era)」と題したブログのなかで、SunのエンジニアBob Brewinは次のように述べている。

 「まず、セキュリティやポータビリティ、パワーの点で最も優れたプラットフォームであるJavaへの移行を今考えるべきなのは明らかだ。さらに、開発者の皆様には、今と同じような状況--特定のプラットフォームと言語を所有するベンダーの一存で、せっかく建てた家の基礎部分が変えられてしまうような状況--に2度と陥りたくないかどうかも、考えてもらいたい」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化