日本HP、従来比2.7倍速のテープドライブなどでストレージ製品を拡充

ニューズフロント 2005年04月07日 17時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4月7日、新型テープドライブUltrium960、テープライブラリHP StorageWorks MSL6030(Ultrium960搭載モデル、Ultrium460搭載モデル)およびHP StorageWorks MSL6026(SDLT600搭載モデル)を発表した。

 Ultrium960は、従来品であるUltrium460に比べ2.7倍の高速転送が可能なテープドライブ。ESL eシリーズ用Ultrium960増設ドライブの税込み価格は357万円。4月下旬に出荷を開始する。なお、HP StorageWorks ESL eシリーズは、76×127×191cmの筐体にテープドライブを最大24台、テープメディアを最大712巻搭載可能な大型テープライブラリ。Ultrium960を使用すると、1台で565.6TB(2:1圧縮時)のデータを格納できる。

 そのほかの製品の税込み価格は以下の通り。いずれも4月下旬に出荷を開始する。

  • HP StorageWorks MSL6030(Ultrium960搭載モデル):304万5000円から
  • HP StorageWorks MSL6030(Ultrium460搭載モデル):241万5000円から
  • HP StorageWorks MSL6026(SDLT600搭載モデル):304万5000円から

 また、同社は同日、ミッドレンジディスクアレイ製品HP StorageWorks Enterprise Virtual Array(EVA)用の146GBハードディスク(HDD)「146GB 15Krpm 2G FC-AL HDD」と、同HDDをバンドルしたEVA3000シリーズの新モデル「HP StorageWorks EVA3000モデル2C2D-C 8x146GB 15K FC-AL」を発表した。

 「同HDDは、記憶容量146GBで15000rpmという高速回転を実現。従来の146GB 10000rpm製品に比べてディスクの回転待ち時間を短縮し、特にランダムアクセス時の入出力性能を向上させた」(同社)。EVA用ディスクエンクロージャ搭載時は、他のFC-AL HDDと組み合わせる以外に、FATA HDDとの混載も可能。

 HP StorageWorks EVA3000モデル2C2D-C 8x146GB 15Krpm 2G FC-ALは、EVA3000に146GB 15Krpm 2G FC-AL HDDを8個搭載した製品。

 両製品の税込み価格は以下の通り。いずれも4月下旬に出荷を開始する。

  • 146GB 15Krpm 2G FC-AL HDD:34万200円から
  • HP StorageWorks EVA3000モデル 2C2D-C 8x146GB 15K FC-AL:500万1150円

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR