VAリナックス、「SourceForge Enterprise Edition 4.2」を発売

エースラッシュ 2005年04月07日 20時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VA Linux Systems Japanは4月7日、開発コラボレーションソフトウェアの最新版となるSourceForge Enterprise Edition 4.2(SourceForge 4.2)を発表した。

 SourceForge 4.2は、ソースコード管理ツールとして従来から連携をサポートしていたCVSとIBM Rational ClearCaseに加え、オープンソースの「Subversion」が利用できるようになった。

 また、Windowsクライアントアプリケーション「SourceForge Explorer」が追加され、Windowsのエクスプローラに似た操作性を実現している。ブラウザ経由のアクセスよりも、ドラッグ&ドロップなどマウス操作で簡単に扱えるというメリットがある。

 新バージョンのリリースにあたり、1カ月無償で評価できるキャンペーンを実施。製品の販売開始は4月下旬からの予定だ。

VA Linux Systems Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!