マイクロソフトの月例パッチ、4月は「緊急」も含め8件

Ina Fried (CNET News.com) 2005年04月08日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが米国時間12日に、月例のパッチリリースを行う計画だ。今回は緊急レベルのものも含め、さまざまなパッチがリリースされる。

 Microsoftが米国時間6日にTechNetサイトに掲載した情報によると、今回リリースされるのは、Windows用パッチ5件と、Office、MSN Messenger、Exchange用のパッチ各1件の合計8件。この中には「緊急レベル」のものも含まれるという。

 さらに、Microsoftは「Malicious Software Removal Tool」の新バージョンもリリースする計画だ。Microsoftは、セキュリティパッチ以外のWindowsアップデートプログラムもWindows Update機能を通して配布する予定だとしている。

 同社は2月に10件以上の月例パッチをリリースしたが、3月はリリースを見送っていた。同社は2月にWindows Media Playerのデジタル権利技術に関するセキュリティホールも修正している。

 Microsoftは、企業がセキュリティパッチの管理をしやすいように、毎月第2火曜日に月例のパッチリリースを行っている。その際に同社は、リリースされるパッチについて事前告知を行っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR