日本HP、エンカレッジのPC操作記録ソフト提供でセキュリティ強化

ニューズフロント 2005年04月11日 14時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、PC遠隔操作の作業履歴を記録するエンカレッジ・テクノロジ製セキュリティソフトウェアRemote Access Auditor(RAA)の提供を開始する。両社が4月11日に明らかにしたもの。

 RAAは、PCに対する遠隔操作の作業履歴を自動的に動画像で記録する。同ソフトウェアを利用すると、遠隔操作による情報漏えいの防止または早期発見に役立つという。

 日本HPは、企業向けシステムの管理端末として使用されるコンソールPCにRAAを導入する。さらに、保守サービスの一環としてシステム遠隔操作監査機能の実装を希望する顧客にも、RAAの活用を提案していく。

エンカレッジ・テクノロジのプレスリリース
日本ヒューレット・パッカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR