マイクロソフト、「SQL Server」や「Visual Studio」の開発に遅れ

Martin LaMonica(CNET News.com) 2005年04月12日 11時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「SQL Server」「Visual Studio」の最新ベータ版のリリースが、同社が予定していた期限より遅れている。

 同社は昨年、「Visual Studio 2005」プログラミングツールおよび「SQL Server 2005」データベース製品の第2ベータ版を、2005年3月末までにリリースすると発表していた。この期限はすでに過ぎたが、Microsoftは同ベータ版をまだ提供していない。

 同製品の最終版は2005年後半に完成する見込みで、2つの製品が順次リリースされる予定だ。この最終版に関しては、ここ数年にわたりリリース期限が大幅に延期されてきた。同ソフトウェアの提供開始は、当初考えられていた時期より1年以上遅れることになりそうだ。

 Microsoftの関係者は米国時間8日、同社が最新ベータ晩のリリースを延期した理由について、各製品の安定度を高めるためと説明した。同関係者はしかし、これらの「GoLive」ベータ版がいつごろ入手可能になるのかは明らかにしなかった。

 Microsoftは先月、製品の価格帯やパッケージ内容についての発表を行った際に、Visual Studio 2005およびSQL Server 2005(開発コード名「Yukon」)の最終リリース期限を延期するとしていた。同社はそれまで、2005年夏としていたリリース時期を、今年後半に変更した。

 Forrester ResearchのアナリストNoel Yuhannaは、Microsoftが最終リリース時期をたびたび延期したことで、競合製品がSQL Serverに取って代わる可能性があると述べている。SQL Serverは、IBMの「DB2」やOracleのデータベース製品などと競合している。

 「これまで何年もYukonのリリースを念頭に置いて、さまざまな計画を立ててきたユーザーは、今回の延期で大きな影響を受けるだろう。Microsoftが期限どおりに製品をリリースできない場合、ユーザーはほかの(データベース)製品への乗り換えを考える必要があるかもしれない」(Yuhanna)

 Yuhannaによると、SQL Server、開発ツール、Windows Serverオペレーティングシステムを緊密に統合させるのは難しく、これがリリースが遅れる要因となっているという。現行のSQL Serverは、5年も前にリリースされたものだ。だが、今後はMicrosoftもデータベース製品のリリース間隔を短くしていくことになると、Yuhannaは予想している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化