「Adobe Reader」が再びLinuxをサポートへ

Stephen Shankland (CNET News.com) 2005年04月12日 12時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET News.comが入手した情報によると、今週リリースされるAdobe SystemsのPDFファイル閲覧ソフトウェアのバージョン7が、再びLinuxに対応するという。

 Adobeは、オランダに居住するユーザーの税申告期限に間に合うように、2005年3月にLinux版「Adobe Reader」の先行版ダウンロードを提供開始していた。そして同社は米国時間11日、バージョン7.0用アップデートの最終版リリースの準備が整ったことを認めた。

 Adobeは、米国時間12日にLinux版バージョン7を発表し、同社のウェブサイトからダウンロードできるようにする予定だ。なお、Microsoft Windowsに対応したAdobe Readerのバージョン7.0は2004年11月に発表されている。Adobe Readerは、PDF(Portable Document Format)形式のドキュメントを読んだり、印刷したりするためのソフトウェアで、新版ではフォームに書き込みができるようになるという。

 Adobeは、出版関連作業を自動化したり、ドキュメント管理を支援したりするサーバ製品においてはLinux版を提供しているが、「Photoshop」や「Illustrator」など、同社の主要なデスクトップ向け製品はLinuxに対応していない。しかし、同社は2004年からデスクトップ向け製品でもLinuxを意識するようになり、Linuxコンソーシアムに参加して、オープンソース業務に従事させるスタッフも雇用した。Adobe Readerの新しいバージョンは、こうした動きが結実したものと言える。

 AdobeのIntelligent Documents部門マーケティングバイスプレジデントEugene Leeは、「特に政府機関や金融機関において、企業のLinuxオペレーティングシステム(OS)採用率は、国際的に高まりつつある」と述べている。「中核的なエンタープライズアプリケーションのサポートをデスクトップ上で始めた顧客は、Adobe Reader 7.0がLinux上で稼働することを求めている」(Lee)

 Linux製品の販売でトップに立つRed HatやNovellは、当然ながら今回のAdobeの動きを支持している。Red HatおよびNovellは、LinuxをPCに採用することを推奨している企業だ。PC向けのOS市場では、MicrosoftのWindowsが圧倒的シェアを誇っているが、ウェブブラウザの「Firefox」や、OpenOffice.orgのデスクトップソフトウェアスイートに人気が集まるなど、Windowsの牙城を切り崩そうとする動きも見え始めている。

 Adobeは、2001年にリリースしたReaderのバージョン5をLinuxに対応させたが、2003年リリースのバージョン6では、Linux対応を中止していた。2005年1月、同社はバージョン7を再びLinux対応とすると発表し、ベータ版のテストを始めた。

 Adobeは9日に、ベータ版のテスターに、Readerの正式リリースの準備が整ったことを伝えていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化