KDDI、回線交換方式のデータ通信とFAX機能を2005年秋端末から非搭載に

エースラッシュ 2005年04月12日 22時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは4月12日、2005年秋発売モデル以降のau携帯電話機において、回線交換方式のデータ通信機能とFAX通信機能の搭載を順次中止すると発表した。

 同機能は1999年のCDMA方式導入当初から提供されていたが、同社の3GサービスであるCDMA 1XおよびCDMA 1X WIN登場以降、高速パケットデータ通信サービス利用者が大半となり、ユーザーの減少傾向にある。同社は経営資源を高速パケットデータ通信サービスへ集中するため、搭載中止に踏み切ったという。

 新端末への機能搭載がなくなってもサービス提供は継続されるが、今後の利用状況によってはサービス終了についても検討するという。

KDDI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR