マクニカネットワークスと物産ネットワークス、検疫ネットワークソリューションで協力

エースラッシュ 2005年04月13日 17時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクニカネットワークスは4月13日、物産ネットワークスと「検疫ネットワークソリューション」に関する共同マーケティング活動を開始すると発表した。

 「検疫ネットワークソリューション」は、ネットワークに接続された各端末の健全性チェックを実施し、仮想LAN機能によってネットワークアクセスを制御できるというもの。セキュリティポリシーを満たさない端末のネットワークへの接続を制限することで、セキュアな環境を実現するものだ。

 これは、マクニカネットワークスが日本総代理店として取り扱うSygateTschnologies Inc.の「Sygate Secure Enterprise」と、物産ネットワークスが国内での販売やサポートを受け持っているFoundry Networks, Inc.のレイヤー2/3スイッチ製品群を連携させて実現する。

 両社は、このソリューションの販売面およびプロモーション活動などについて相互協力を行うという。

マクニカネットワークス
物産ネットワークス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!