フィッシング詐欺に新手口--ブログを使い不正プログラムを配布

Dawn Kawamoto (CNET News.com) 2005年04月13日 17時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブログ人気につけこむ新種の手口のフィッシング詐欺が発生していると、セキュリティ対策企業Websenseが米国時間12日に警告を発した。

 Websenseが発表したレポートによると、攻撃者は、電子メールやインスタントメッセージ(IM)をインターネットユーザーに送りつけ、彼らを悪質なブログにおびき寄せるという。ユーザーがブログにアクセスすると、パスワードや銀行口座などの機密情報を盗み出す不正プログラムにPCが感染してしまう。

 Websenseでセキュリティ技術研究を担当するシニアディレクターのDan Hubbardは「これらの悪質なブログは、偶然アクセスした人のPCに不正プログラムを植え付けるような類のものではない。これらの攻撃が成功している理由は、リンクをクリックするように個人ユーザーに働きかける巧みなソーシャルエンジニアリングにある」と声明のなかで述べている。

 この4カ月間で、Websenseは、不正コードの保管や配布に使われているブログを何百も発見している。攻撃者がブログに目をつけた理由は、単にブログ人気が高まっているからだけではない。ブログサービスは無料で利用できる場合が多いうえ、ブログサイトにアップロードされたファイルのウイルスチェックを行っているプロバイダが少ないことも、ブログが狙われる理由だ。

 Websenseによると、12日時点でフィッシング詐欺に加担しているブログは210件存在するという。また、こういったブログは平均3〜4日で閉鎖されるという。

 同社が先ごろ発見した例では、電子メールを見てアクセスしてきたユーザーのPCにトロイの木馬を植え付けるブログがあったという。この例で使われた電子メールは、あるIMサービスプロバイダから送信されたもののように作り込まれていたという。このメールには、ウェブサイトへのリンクをクリックしてIMプログラムの最新版を入手するように書かれていた。しかし、リンクをクリックしたユーザーは、キーロガーソフトを配布するブログサイトにリダイレクトされる。このキーロガーソフトは、ユーザーが金融機関のサイトで入力したパスワードを盗み出す。

 ブログを利用するというのは、フィッシング詐欺における最新の手口だ。これまでに報告されたフィッシング詐欺の他の手口としては、クロスサイトスクリプティングやDNSキャッシュ汚染などがある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化