シスコが北米以外で初の「カスタマー・ブリーフィング・センター」

別井貴志(編集部) 2005年04月14日 22時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シスコシステムズは4月14日、東京都赤坂にあるオフィス内に「カスタマー・ブリーフィング・センター」(CBC)を開設したと発表した。

 代表取締役社長の黒澤保樹氏は「顧客のビジネスニーズと最先端のネットワーク技術を適合させ、その課題を解決する場を提供する」と開設の目的を語った。そして、「これまでにもシスコの技術を実際に見たり活用法を知りたいとして赤坂のオフィスに訪れる顧客は多く、ときには数か月待ちになることもあったので、CBCの開設でそうした要望をより満たせられる」と意義を強調した。

テープカットする社長の黒澤保樹氏(中央)

 CBCは、米国とカナダに5カ所あるが、北米以外では初めての設立となる。日本のCBCは、IPビデオカンファレンス環境を整備した2つのブリーフィングルームと、110名を収容できるセミナールーム、デモンストレーション環境、シスコオフィス環境で構成される。

CBCの内部。コールセンターと支店、本店などが統合されたIPテレフォニーのデモが行われた

 デモ環境では、同社のルータやスイッチ、無線LANアクセスポイント、IP電話機などネットワーク製品群を組み合わせ、コールセンターと統合したIPテレフォニーシステムなど、金融や小売業界に合わせた実践的なデモを提供する。今後は、製造業向けなど他の業種のデモも考えていく予定だ。製品の紹介はもちろんだが、顧客のニーズに合わせたシステムの効率的な利用法や問題改善策などを、ディスカッションしていく。そうすることで、顧客は問題解決への支援を受けられるので満足度が上がり、シスコにとっては顧客ニーズを的確につかめるわけだ。

 米国には、技術検証や導入検証、情報収集などを目的とするCBCよりもハイレベルなエグゼクティブ・ブリーフィング・センター(EBC)がある。日本をはじめとして、世界各国から顧客が訪れる。黒澤氏は「日本のCBCは米国のEBCと連携しているが、まだまだ規模的に小さい。今後はEBCへと発展するようにしていきたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR