日本HP 樋口社長、ダイエーの社長に内定

藤本京子(編集部) 2005年04月15日 16時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダイエーは4月15日、同日の取締役会において、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)代表取締役社長の樋口泰行氏が6月1日付けでダイエーの代表取締役社長 兼 COOに就任することが内定したと正式に発表した。樋口氏は、5月31日に現職を退任する。

日本HP 代表取締役社長
樋口泰行氏

 樋口氏は、1957年11月生まれ。大阪大学を卒業後、松下電器産業に入社した。1991年にハーバード大学でMBAを取得した後、ボストン コンサルティング グループ、アップルコンピュータを経て1997年にコンパックコンピュータ(現在の日本HP)に入社した。同氏は、2003年より日本HPの代表取締役社長となっている。

 HPでは、米国本社でも2月に元CEOのカーリー・フィオリーナ氏が辞任したばかり。その後フィオリーナ氏は、一時世界銀行総裁の有力後任候補として浮上したが、世界銀行は3月31日に第10代総裁として米国防副長官のポール・D・ウォルフォウィッツ氏を選出している。IT業界から他業界のトップに異動となった例では、2004年2月にアップルコンピュータの代表取締役社長から日本マクドナルドホールディングスの代表取締役会長兼社長兼CEOへと転身した原田永幸氏が記憶に新しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR