警察庁、複数ベンダーのTCP/IPに関する脆弱性情報を発表

エースラッシュ 2005年04月15日 18時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 警察庁は4月14日、同庁が運営するセキュリティ情報提供サイト「@police」において、TCP/IPに関する脆弱性情報を発表した。

 今回の発表は、各ベンダーにおけるTCP/IP関連の脆弱性情報をまとめたもの。主なベンダー情報として、最近ICMPパケットの悪用によってDoSが起こることを発表したMicrosoftやCisco Systemsのほか、IBM、Juniper Networks、Red Hatなどのセキュリティ情報ページが挙げられている。

 同庁では脆弱性を有する製品のユーザーに対し、適切なパッチを入手後にアプリケーション等への影響を考慮した上で適用をするよう促している。なお、これらの脆弱性については引き続き検証中とのことだ。

@police
警察庁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR