Longhornの「Avalon」は、Mac OS Xの「Quartz」を超えるか

Chris Jablonski 2005年04月15日 22時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは次期オペレーティングシステムの「Longhorn」にプレゼンテーションサブシステム「Avalon」を組み込む予定だ。Avalonにより、開発者はマークアップ言語を使用しながら、3Dグラフィック処理をはじめとする様々な機能を実装することが可能になる。Microsoftの技術エバンジェリストKarsten Januszewskiを筆頭に、Avalonに期待を寄せる人も多い。しかし、同技術に懐疑的な人もいる。トロントで開催されたFITCカンファレンスでJanuszewskiのプレゼンテーションを聞いたDave Sheaもそんな懐疑論者の1人だ。彼は、Mezzoblueという素敵なブログのなかで、Avalonの3Dレンダリング機能に疑問を投げかけている。Avalonは、AppleのMac OS Xに搭載されるレンダリングシステムQuartzと何ら変わらないというのが、同氏の主張だ。

 Avalonで実現できることを自分の目で確かめたいという読者の皆様。まずは、Amazonのデータベースからデジカメの情報をカッコ良く抽出する方法を紹介したデモのスクリーンショットをこちらでご覧いただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR