日本ドキュメンタム、ILM強化のためのDocumentum 5.3を発表

奥 隆朗(編集部) 2005年04月18日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ドキュメンタムは、4月18日、EMCの提唱する情報ライフサイクルマネジメント(ILM)を強化するための製品として、「Documentum 5.3」を発表した。

 同製品はエンタープライズ・コンテンツと呼ばれる、データベースや電子メール以外の文書、ビデオ、写真といった雑多なデータを適切な形で管理するためのソリューションである。

 特長は、「フェデレーション・サーチ」と呼ばれる新たな検索機能や、「コラボレーション・サービス」というグループワークを効率化する機能を備えたことにある。「フェデレーション・サーチ」は、企業内外のさまざまなリポジトリ、データベース、ファイルを横断的に検索する機能で、「FileNet」「Open Text」「SAP」などとの統合も可能であるという。「コラボレーション・サービス」は、メンバー情報共有のための掲示板、注釈付加機能、目的別フォルダ構造、「ルーム」と呼ばれるチーム作業用のワークスペースなどの機能を、Documentumと統合した形で提供するものだ。

米EMCコーポレーション EMCソフトウェア バイスプレジデント
マーク・ルイス氏

 さらに、ビジネス・プロセスの設計・構築ツールが付加されており、エンタープライズ・アプリケーションや外部メッセージングツールなどの外部アプリケーションとの統合によって、ビジネスプロセスに合わせた情報管理が可能になる。

 米EMCコーポレーション EMCソフトウェア バイスプレジデントのマーク・ルイス氏は、「Documentum 5.3」の導入によって、プロセス/コンテンツ/リポジトリの統合が可能になり、ユーザーの利便性・生産性の拡大に加えて、コンテンツ管理のコスト削減が可能になると強調。また、ビジネスプロセスとの統合やコラボレーションの強化によって、企業はタイムツーマーケットで製品やサービスを提供できるようになると説明した。

 同時に、マーク氏は、EMCの将来的なソフトウェア戦略についても説明。EMCでは、エンタープライズのストレージ環境を仮想化するためのソリューションとして、コードネーム「ストレージルーター」と呼ばれるネットワークスイッチを含めたソリューションを今年度第二四半期中に出荷することを予定しているという。「ストレージルーター」は、異機種環境のネットワークストレージを仮想化できる初のソリューションであり、ILMに基づく情報資産の効率的な運用に加えて、ダウンタイムゼロの無停止運用を実現できるという。

 なお、米ドキュメンタムは2003年12月に米EMCに買収され、日本ドキュメンタムは米EMCの子会社となっている。

EMCジャパン
日本ドキュメンタム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化