MS、「Visual Studio 2005」「SQL Server 2005」の最新ベータ版をリリース

Martin LaMonica(CNET News.com) 2005年04月19日 18時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが米国時間18日、次期「Visual Studio」「SQL Server」の最新ベータ版を発表した。同社によれば、開発者はこれらを利用して構築したビジネスアプリケーションを実稼働状態にすることができるという。

 Microsoft Developer Network(MSDN)のサブスクリプション会員は、「Visual Studio 2005」のベータ第2版と「SQL Server 2005」のCommunity Technology Preview(CTP)4月版にアクセスすることが可能だ。両製品ともは、今年後半に完成する予定で、相前後して出荷される予定だ。

 SQL Server 2005のプレビュー版には、正式出荷時に予定されているすべての機能が搭載されている。プロダクトマネジメント担当ディレクターTom Rizzoによると、同社では当初の予定通りに同製品のベータプログラム第3版をリリースするのではなく、製品が完成するまで6〜8週間ごとにアップデートをリリースしていく予定だという。

 Microsoftは、今回発表された両製品のベータ版について、「Go-live license」をオプションとして提供している。Microsoftは通常、ベータ版に対する正式なサポートをしないため、開発者はベータ版を使用して作成したアプリケーションを一般に公開することはできない。

 Microsoftは、ライセンスが変更されたうえ、コードの品質も高いため、5万人程度のユーザーがVisual Studio 2005や、(Visual Studioで作成したソフトウェアを動作させるのに必要な).NET Frameworkのベータ版を使って、アプリケーションを稼働させるだろうと予測している。

 「これは、名前に『2005』と入る各製品の動きを見る初めての機会だ」と、同社開発部門でプロダクトマネジメント担当ディレクターを務めるJohn Montgomeryは述べた。

 これら製品のリリース時期は、当初の予定より延期されている。また、SQL Serverの大型アップデートは5年間行われていない。Rizzoはこの点について、今後はより頻繁に大型アップデートをリリースしていきたいと述べた。

 Rizzoによると、製品のリリース時期が延期されたからという理由で、他のデータベースに乗り換えると言い出したユーザーはいないという。「多くのユーザーがSQL Server 2005を切望しているのは確かだ。取り組み甲斐のある製品だ」(Rizzo)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化