シスコ、CRS-1用のIOS XRをCisco 12000向けにも提供へ

Marguerite Reardon(CNET News.com) 2005年04月19日 19時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IPルータ分野でライバルの追撃をかわすため、Cisco Systemsは新しいOSを採用して旧型のルータ製品ラインを蘇らせようとしている。

 Ciscoは現地時間18日に、同社のルータ製品である「Cisco 12000」シリーズ向けにIOS XRを提供していくと発表した。同OSは、もともとCiscoの次世代コアルータ「CRS-1」向けに開発されたものだ。IPコアルータとは、通信事業者やインターネットサービスプロバイダ(ISP)がインターネットを行き来するトラフィックの処理に使用しているもの。

 Ciscoの売上のうち、電話会社やISP、ケーブルテレビ会社からの売上は25%を占めている。この分野は同社にとって重要な市場だ。そして、通信事業者らがデータやビデオ、音声など、すべてのトラフィックのやりとりをInternet Protocolベースのネットワークに切り替えるなかで、Ciscoはこの新興市場から利益を得ようと待ちかまえている。

 「今日のサービスプロバイダ市場における成長の大半は、IPによるものだ」と、Cisco最高経営責任者(CEO)のJohn Chambersは、先ごろCNET News.comが行ったインタビューのなかで述べていた。「そして、われわれは、まさにその中心にいる」(Chambers)

 CiscoはIPルータ市場で首位に立っている。IPルータは、インターネットでデータをやりとりするのに用いられる機器。同社は現在、着実に市場シェアを拡大しているJuniper Networksからの激しい追い上げにあっている。Ciscoは「Cisco 12000」シリーズ向けに最近開発したIOS XRを採用し、Juniperに対して反撃に出ている。

 IOS XRは、2004年に発表されたCRS-1向けにつくられたものだが、CRS-1の開発には4 年間に5億ドルの開発費用が投入された。IOS XRはモジュール化がさらに進んでおり、サービスプロバイダらが、トラフィックの流れをさえぎることなく、既存のネットワークをアップグレードできるため、旧世代のコードに比べて機能が向上していると考えられている。さらに、新OSではいくつかの自律回復機能が提供されていることから、信頼性もさらに高まっている。

 アップデートされたCisco 12000ルータ製品群は、そのOS名を反映する形で、Cisco XR 12000という名称に変更されている。Cisco 12000シリーズは全世界で約2万5000台が導入されており、Ciscoにとってはきわめて重要な製品である。CRS-1は世界の中でも大規模なネットワークを対象に設計されているが、これに対しCisco 12000はそれよりも規模の小さいネットワークで用いられている。12000はまた、キャリアのネットワークのエッジ部分でトラフィックを集約するのにも使われている。

 Cisco XR 12000は6月にも登場するとみられ、基本構成時の価格は4万5500ドルになるとCiscoでは説明している。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化