マイクロソフト、企業向けIMソフトを携帯端末でも利用可能に

Ina Fried(CNET News.com) 2005年04月19日 21時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、携帯電話で互いにインスタントメッセージ(IM)をやりとりしたいと考えているのはティーンエイジャーだけではない、と確信している。

 Microsoftは米国時間18日、Windows Mobile端末から、同社のLive Communications Server 2005が稼働する企業用IMサーバに接続できるようにするためのソフトウェアを開発していることを明らかにした。

 さらに、Microsoftの競合企業であるResearch In Motion(RIM)は、同社あるいはMicrosoftのソフトウェアを使用してサーバに接続する機器向けにIMソフトを開発する予定だ。また、その他の提携企業が、OSにPalmかSymbianを使用する携帯端末上で実行可能な、Microsoft製品と互換性のあるIMクライアントを開発している。

 Microsoftによると、同社には以前から、同社の企業向けIMソフトをPC以外でも使えるようにして欲しいとの要望が寄せられていたという。

 「何としても(IMソフトを)モバイル機器と統合する必要があるとの顧客の声をよく耳にする」と、Microsoftのグループプロダクトマネジャー、Ed Simnettは述べている。

 しかし、人気の携帯端末BlackBerryのメーカーとしても知られるRIMが、その種のソフトウェアを出す最初の企業となりそうだ。同社が2005年末までの発売を表明しているのに対し、Microsoftは、年内はベータ版の発表を目指すに留まるとしている。Simnettは、このソフトウェアの正式版がいつ出荷になるのかを明らかにはしなかった。

 同氏は「通常は(ベータ版の発表から)数カ月後に正式版を発売するものだ」とした上で、「2005年内の発売は難しい」と付け加えた。

 MicrosoftはこのソフトウェアをWindows Mobile 2003 Second Editionか、あるいはもなく発売されるWindows Mobile 5(開発コード名:「Magneto」)を搭載する携帯電話やPocket PC端末で利用できるようにする。

 MicrosoftはRIMと契約する以前にも、様々な面でモバイル分野のライバル企業と関係を築いてきた。たとえば、Windows Mobileと競合するOSを開発するSymbianや、従来からPalm OSを採用しているハードウェアメーカーのPalmOneに対し、同社はActiveSync電子メールプロトコルのライセンス供与を行なっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化