マイクロソフト、管理ソフトウェア製品の統合計画を棚上げに

Ina Fried(CNET News.com) 2005年04月20日 12時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、複数の管理ソフトウェア製品を1つのパッケージに統合する計画を中止しようとしている。これは、いままで通り製品を別々に買いたいとする顧客から要望を受けた判断だという。

 同社は、「Systems Management Server(SMS)2003」と「Microsoft Operations Manager(MOM)2005」を統合し、「System Center」という1つの製品として販売することを計画していた。 しかし同社は、顧客からの反応や初期テストの結果、パッチ管理製品であるSMSとコンソールプログラムのMOMを、今後も別々の製品として扱っていくことにした。

 「顧客はいまのままでいいと考えている」とMicrosoftのKirill Tatarinov(エンタープライズマネージメント製品部門バイスプレジデント)は述べている。同氏によると、顧客は現行製品に投入した時間と資金が無駄になることを心配しており、新製品への移行を望んでいなかったという。

 Microsoftでは現在、System Center の名称はそのまま残し、別の6製品を1つにまとめる計画を立てている。

 今回の発表は、ラスベガスで始まった同社の「Microsoft Management Summit」で行われた。同イベントの基調講演で、Tatarinovは、MOMを含めたいくつかの製品に関する今後の計画も説明した。

 SMSの次期バージョンは、2007年前半に発売になる予定だが、これは企業ネットワークを最新の状態に保つ上で重要な役割を担うことになる。また同社は、Windowsに「Network Access Protection(NAP)」と呼ばれる新機能を追加する。NAPは、企業ネットワークに接続しようとするマシンをチェックし、正しくパッチが適用されているかどうかを判断するもので、パッチが未適用のマシンは更新されるまで隔離される。NAPはWindowsの一部として提供されるが、SMSはパッチの管理に利用できるほか、社内の全システムを監視することにも使える。

 またMicrosoftは、SMS、MOM、Active Directoryが生成する情報をIT管理者が閲覧できるようにするレポーティングツール「System Center Reporting Manager」を新たに追加することも計画している。同ソフトウェアは、約2週間以内にベータテストが開始され、今年後半には発売される予定。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化