日本オラクル、各製品が最新OS「Red Hat Enterprise Linux 4」に対応

エースラッシュ 2005年04月21日 17時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは4月21日、Linux 2.6カーネルを実装したレッドハットの最新OS「Red Hat Enterprise Linux 4」上での動作について、「Oracle Database 10g」のサポートを本日より開始すると発表した。

 今回発表された対応製品は、既に4月12日よりサーポートが開始されている「Oracle9i Database Release 2」を含め、4月21日よりサポートが開始される「Oracle Database 10g Release1」、5月10日対応予定の「Oracle Collaboration Suite 9.0.4」、現在対応準備中の「Oracle Application Server 10g」の4種類。なお、「Oracle9i Database Release 2」の場合は「Oracle9i Database Release 2(9.2.0.1.0) JP CD Pack v14 for Linux x86」に同梱されるパッチが必要となる。

 同社は「Red Hat Enterprise Linux 4」においても、継続してオラクル製品とLinux OSの技術サポートをひとつの窓口で対応するワンストップサポートサービスを提供するという。

日本オラクル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR