セキュリティ対策企業、Symbian OS搭載携帯電話を狙ったトロイの木馬52種類を発見

Ben Charny (CNET News.com) 2005年04月21日 21時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先頃、携帯電話向けに作成された悪質なプログラムが複数発見されたとして、あるセキュリティ対策企業が、ワイヤレス業界に警告を発している。

 携帯電話用のウイルス対策ソフトウェアを開発するSimWorksは米国時間20日、携帯電話用のゲームやソフトウェアに潜むトロイの木馬を52種類確認したと発表した。これらのトロイの木馬は、安全に共有/利用できるように見えるソフトウェアに潜んでいるという。トロイの木馬には、携帯電話に搭載された重要なコンポーネントを破壊する悪質なソフトウェアが含まれている。

 これらのトロイの木馬が標的としているのは、Symbian OSを搭載した携帯電話のみ。Symbian OSは、スマートフォン向けに開発されたオペレーティングシステム(OS)で、PCと類似の機能を携帯電話上で実現するために開発されたMicrosoft製品と競合する。SimWorksのCEOであるAaron Davidsonによると、現在のところ感染は報告されていないという。

 現在、携帯電話の全販売台数に占めるスマートフォンの割合はごくわずかに留まっている。だがアナリストや携帯電話業界関係者の多くは、今後10年の間でSymbianなどの先進的な機能をもったOSの普及が進み、携帯電話向けのウイルスも広く出回るようになると見ている。

 これまでのところダメージは取るに足らないレベルに留まっている。だが、SimWorksとセキュリティを専門に手掛けるF-Secureが先頃発表した警告を、ワイヤレス業界は警鐘として受けとめる必要がある。今回の報告により、Symbianを標的にしたトロイの木馬が、これまで100件以上見つかったことになる。

 ウイルス作成者もまた、これまでにないペースで悪質なソフトウェアを製作しているようだ。Davidsonによると、2004年6月〜10月までの間、Symbianを狙う新種のトロイの木馬は月に一度のペースで出現した。ところが、それが今では、週1度のペースになっているという。

 「これだけ多くのトロイの木馬を作成するには、かなりの手間がかかる。ウイルス作成者が何人いるのか分からないが、彼らの決意が相当高いことを示している」とDavidson。「オリジナルの作成者は、悪質なプログラムを一般にリリースする意図はなかったかもしれない。しかし、これらトロイの木馬がウイルス作成者のコミュニティの中で広まっていることは事実だ。そして、いつかコミュニティの中の誰かが、一般ユーザーに向けてこれをリリースしてしまうことになる」(Davidson)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化