インテルと富士通、相次いでWiMAX対応チップの出荷を開始

藤本京子(編集部) 2005年04月22日 18時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルが4月19日にWiMAX対応チップ「インテル PRO/Wireless 5116 ブロードバンド・インターフェース」の出荷を開始したことに続き、富士通が海外でWiMAX対応のLSI「MB87M3400」を出荷開始した。富士通の米国関連会社で、WiMAX Forum設立メンバーの1社でもあるFujitsu Microelectronics America(FMA)が米国時間4月21日に発表したものだ。

 WiMAXは、最大データレート75Mbps、実用最大伝送距離10〜20km程度のワイヤレスブロードバンド通信規格。1つのアンテナで広範囲をカバーできるため、移動しながらの通信サービスや、通信速度が十分に出ない地域でのDSLサービスに代わるものとして注目されている。

 FMAが開発したWiMAX対応LSIは、IEEE802.16-2004(IEEE802.16d)規格に準拠しており、家庭内やビル内で使用する固定無線ブロードバンド通信向けとなっている。PHY(物理層)やMAC(データリンク層)機能、暗号処理、無線コントローラなどが1つのチップ内に搭載されており、基地局と端末機器の双方で利用できるものだ。

 富士通では、今回発表したチップは海外における出荷のみで、「日本での出荷は現時点で未定だ」としている。日本での出荷が未定となっているのは、WiMAX Forumの推奨する2.5GHz帯、3.5GHz帯、5.8GHz帯という周波数帯が日本でWiMAX用に割り当てられていないためだ。富士通では、「まず需要が高まっている海外で出荷を開始する」としている。

 なお、インテルが4月19日に発表したチップは、「受注があれば日本での入手も可能だ」(インテル)と言う。しかし、実際にWiMAXチップを採用した製品を日本で提供するとなると、周波数帯などの課題をクリアしなくてはならない。ただ、鷹山がWiMAXを採用した無線通信サービスを開始する準備を進めている動きなどもある。こうした国内の動きの一方で、インテル 広報室によると、「海外では年内にインテルのWiMAXチップを採用したソリューションが多数の機器メーカーより発表される予定だ」という。

 価格は、富士通製のチップが1000個の受注時の単価が45ドル、インテル製のチップが同47ドルとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化