NECネクサ、中堅企業向けナレッジマネジメント導入・活用支援パッケージ

WebBCN (BCN) 2005年04月25日 14時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECネクサソリューションズ(松本秀雄社長)は、中堅・中小企業向けにナレッジマネジメントの導入コンサルテーションから、システム構築、アウトソーシングまでをパッケージにした「トータル・ナレッジマネジメント・サービス」の提供を開始した。

 パッケージの基本サービスは、(1)ナレッジコンサルティングサービス、(2)ナレッジ構築サービス、(3)ソリューションパッケージ「ナレッジポケット」(05年第2四半期提供開始)――の3つ。さらに拡張サービスの「ナレッジアウトソーシングサービス」を1つのパッケージとして提供する。プロジェクトスタートから最短2か月でのシステム稼働が可能で、「ナレッジマネジメントシステムを短期間で構築したい」というニーズに応えた。

 新サービスの中核に位置する「ナレッジポケット」は、自社に導入した営業向けナレッジマネジメント・システム「提案力強化ナレッジシステム」の導入活用・運用から得たノウハウをもとに製品化。単なる文書管理・検索システムではなく、ナレッジマップ・KnowWho(ノウ・フー)・フィードバック管理、運用面での機能充実を図っている。通常のナレッジベースシステムの上に業務の目的別モジュールを用意し、短期間でシステムを構築できるのも特徴。さらに「営業向け提案力強化モジュール」のほか、技術部門向け、人財管理向け、顧客情報向けモジュールなどを用意し、ラインアップの拡充を図っていく。

 「ナレッジポケット(提案力強化モジュール)」を含めたシステム価格は、500ユーザーの場合で1000万円からの予定。同社では、今後3年間で100セット、アウトソーシングなどの関連サービスと合わせて15億円の売上を見込んでいる。

NECネクサソリューションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR