SAP、マイクロソフト/IBM/シーメンスとの提携を発表

Matt Hines (CNET News.com) 2005年04月27日 12時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスソフトウェア大手のSAPは米国時間26日、コペンハーゲンで開催された顧客向けカンファレンスにおいて、複数企業との提携拡大や新製品計画に関する詳細を発表した。

 これらの発表の中で最も注目を集めたのは、SAPがMicrosoftと共同で、SAPのビジネス管理システムとMicrosoftの「Office」スイートをより緊密に連携させるためのソフトウェアを開発し、マーケティングを行うことになったという発表だろう。既報の通り、この取り組み(開発コード名「Mendocino」)は両社にとって、ともに新製品を開発する初めての機会となる。

 Mendocinoは、これまで両社のさまざまな製品を同時に利用する際に、交互に参照しなければならなかった技術者らの時間とエネルギーを省くために、SAPアプリケーションとOfficeデスクトッププログラムを連携させるものだという。例えば、SAPアプリケーションを使用しているユーザーは、「Microsoft Excel」で作成したスプレッドシートを読み込んで、その情報をMicrosoftの電子フォームシステム「InfoPath」を用いて送信することが可能になると、SAPは述べている。

 今回の提携の下、両社は2006年から、互いの一部製品のマーケティングを開始する予定だ。SAPによれば、Mendocinoは第4四半期中には発表する計画だという。

 SAPはまた、IBMと提携して同社の「DB2 Universal Database」の共同開発バージョンを発売する計画についても詳述した。SAPとIBMはこの提携を通して、両社がともに激しい戦いを繰り広げているデータベース大手Oracleに対し、挑戦状を突きつけようとしている。SAPは今週に入り、Oracleによって2005年初頭に買収された旧PeopleSoftの顧客を囲い込むための取り組みを強化していた(SAPは、アムステルダム/シンガポール/イギリスにオフィスを新設し、旧PeopleSoftおよび旧J.D. Edwardsの顧客にメンテナンスやサポートサービスを割引料金で提供すると発表した)。

 SAPとIBMによると、DB2ソフトウェアの共同開発版には、IBMのデータベース上でSAPのビジネスアプリケーションを稼働させている企業顧客が、導入やメンテナンスといった作業を容易に行えるようにするための機能が複数搭載されるという。同バージョンは、両社が世界中に抱える合計4400社もの共通の顧客に向けて、米国時間29日から提供開始される。

 さらにSAPは、Siemensと共同で医療業界向けの新たな技術開発に取り組むと発表した。開発が予定されているソフトウェアおよびサービスパッケージは、医療業界の企業らが共同で業務プランニングを行うのを支援するもので、財務分析ツールや人的資源アプリケーションなども提供するという。

 そのほかにも、SAPはデンマークの国営システム開発会社KMDと協力し、社会福祉マーケットをターゲットとするアプリケーションの開発を進めていると述べた。この取り組みは主にデンマークで進められる。SAPは、デンマークを世界で最も先進的な電子政府システムを保有する国として位置付けている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化