モンタビスタ、携帯電話用Linuxをアップデートへ

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年05月02日 13時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 組み込み機器用Linuxを販売するMontaVista Softwareは、新しいソフトウェア基盤を同社の製品ラインに追加した。

 同社は現在、3種類のLinux--通信機器向けの「Carrier Grade Edition」、携帯電話向けの「Mobilinux」、そして家電製品などのデバイス向けの「Professional Edition」を販売していたるが、このうちMobilinuxのバージョン4.0を今四半期中に出荷する予定だと発表した。このMobilinux 4.0は、最新の2.6 カーネルが使われているという。

 Mobilinux 4.0は、さらに高速で、優先度の高いタスクに対してデバイスを迅速に反応させる「リアルタイム」サポート機能を備え、サポートするプロセッサのアーキテクチャも増えていると、MontaVista SoftwareのPeder Ulander(マーケティング担当バイスプレジデント)は述べている。また、Mobilinux 4.0ではデバイスの起動時間が1秒未満となり、消費電力も少なくなるという。

 バージョン2.6を次にサポートする製品は、5月16日に発表予定のCarrier Grade Editionで、新たにIPv6とIPsecの両標準をサポートする。IPv6 は、次世代のインターネットプロトコルとして、現行のIPv4より多くのデバイスをサポートしている。

 組み込み機器市場ではLinuxの人気が高まっているが、これはLinuxが他のプロプライエタリな製品とは異なり、無償での利用や配布が可能なためだ。しかし、いくつかの企業がこの市場に参入し、デバイスメーカー各社に対してソフトウェアのサポートや検証、必要とされる機能の開発を行うことで、利益を得ようとしている。

 MontaVistaは、組み込みLinux市場を支配しており、現在も成長中だが、その立場は保証されているわけではないとVenture Development CorporationのChris Lanfear(組み込みソフトウェア研究担当ディレクター)は言う。同氏はその理由として、デバイスメーカーがLinuxについての知識を深めていることから、各社が社内でLinuxを開発/サポートする可能性があるとこと、Wind RiverやTimeSys、Eneaなどの企業との競争が新たに始まっていること、さらにMontaVistaのプログラミングツールであるDevRocketはさほど強力ではないことを挙げた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化