ミュンヘン市、Debian Linuxの導入を決定

Stephan Shankland(CNET News.com) 2005年05月02日 14時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州ではNovellのSUSE LINUXに人気が集まっているが、ミュンヘン市は、1万4000台に上るコンピュータの大規模な導入にあたり、Debian GNU/Linuxの採用を決定した。

 Debian自体は非商用Linuxだが、CanonicalやProgenyといった一部の企業は、これに基づく商用製品を販売している。ミュンヘン市は、現地の企業であるGonicusおよびSoftconの支援を仰いで、Debian導入計画プロジェクトLiMuxを進める予定だ。

 Linuxは従来、通常はコンピュータの専門家が管理する、ネットワーク機能を備えた強力なサーバで使用されることが多かったが、一部の地域では、このオープンソースオペレーティングシステム(OS)をデスクトップに採用する動きが見られ始めている。欧州各国の政府は、特に有望な市場だ。

 PCのOSをWindowsからLinuxに移行する例は徐々に増え始めているが、今回のミュンヘン市の決定は、そうした傾向の最新事例となる。同市のプロジェクトは非常に規模が大きく、2003年にはMicrosoftのCEOであるSteve Ballmerもこれに注目していた。

 しかし、同プロジェクトの完遂にはまだ時間がかかりそうだ。同市によれば、実際の移行作業は2005年末まで着手できないという。同プロジェクトは、法律上の問題により、2004年にも延期されたことがある。

 ミュンヘンは、ドイツ南部ババリア州の州都である。Novellによって買収されるまで、SUSE LINUXは同州に本社を置いていた。現在も、ドイツ語圏ではSUSEの人気が高い。

 だが、ミュンヘン市はDebianの導入を4月に発表した。LiMuxのプロジェクトリーダーPeter Hofmannは、同市は「ベンダーへの依存度を最も低くする方法」を模索してきたと、声明の中で述べている。

 Novellはこの件についてコメントしていないが、同社関係者は、Novellがプロジェクトの入札に参加したことを認めた。2003年にミュンヘン市がLinux導入を検討した際には、SUSEとIBMがこれをサポートしていた。

 一方、GonicusおよびSoftconはミュンヘン市に2つの選択肢を提示し、その結果Debianが選ばれたと、GonicusのAlfred Schroederは話している。Schroederによると、両社は入札で、IBM、Electronic Data Systems、Deutsche TelekomのT-Systemsなどを含む企業と競合し、契約を勝ち取ったという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化