「Sober.P」ワーム、感染の被害拡大続く--ウイルス対策企業が警告

Dan Ilett(ZDNet UK) 2005年05月09日 11時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Sober.P」ワームが引き続き急速な勢いで感染を広げており、米国時間6日朝の時点で、全電子メールトラフィックのうちおよそ5%を占めるまでになったと、英国のウイルス対策企業が警鐘を鳴らした。

 Sophosによれば、同社が監視しているウイルス活動の約77%が、Sober.Pワームに関連するものだったという。大企業は、ウイルスが拡散に悪用する脆弱性にパッチを適用する動きをすでに見せているが、このSoberワームの亜種は今も感染を広げていると、同社は発表している。

 「Sober.Pワームは、まるで悪臭のように居座り続け、大規模な広がりを見せている」と、SophosのシニアテクノロジーコンサルタントGraham Cluleyは話す。「同ワームの活動は今も活発で、全電子メールトラフィックの4.65%を占めるほどだ。感染したユーザーがどれほどいるのか定かではないが、多くの大企業は被害を免れると考えている」(Cluley)

 Sophosは先週初め、Sober.Pは、感染コンピュータにスパムメールを送信させ、自身を広く拡散させるために、Symantecのウイルス対策ソフトウェアの保護機能や、Microsoft「Windows XP」のファイアウォール機能を無効にするおそれがあると発表していた。

 「おそらくはこうした理由から、Sober.Pはこれほど急激に広まることができたのだろう。(ウイルス作成者は)スパム技術を利用して、同ワームを拡散させた。そして今もまん延状態は続いている」(Cluley)

 セキュリティ企業によっては「Sober.N」「Sober.O」「Sober.S」などと呼ばれている同ワームは、英語およびドイツ語で書かれた電子メールに添付されて拡散を試みる。報告数が最も多かった電子メールの例として、メールの受信者に2006年にドイツで開催されるワールドカップサッカーの無料観戦チケットが当たったという内容のものが挙げられる。また、このほかにも多くのタイプのメッセージが多数発見されている。添付ファイルを開いてしまうと、ウイルスは感染マシン上に保存されている電子メールアドレスを収集し、自身をそれらのアドレス宛に送りつけるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化