マイクロソフト、SQL Server 2000 SP4をダウンロードで提供

ニューズフロント 2005年05月09日 16時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは5月6日、データベース管理システムMicrosoft SQL Server 2000用の修正プログラム「Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4日本語版」(SQL Server 2000 SP4)のダウンロード提供を開始した。同社のウェブサイトで入手できる。

 同プログラムをSQL Server 2000およびMicrosoft SQL Server 2000 Desktop Engine(MSDE 2000)に適用すると、前修正プログラムSQL Server 2000 SP3aのリリース後に報告された不具合を修正できる。SQL Server 2000 SP1から同SP3aまでの不具合修正、追加機能も含んでいる。

 さらに、64ビット版OSであるMicrosoft Windows Server 2003, x64 Editionへの対応も追加し、Windows on Windows 64(WOW64)対応64ビットプロセッサ上で32ビット版SQL Server 2000の稼働が可能となる。MSXMLの新バージョンVersion 3.0 SP6と、Microsoft Windows XPおよびWindows Server 2003以外のMDAC 2.8 SP1も提供する。

 同社は、7月上旬よりSQL Server 2000の各種エディションのリテールパッケージにSQL Server 2000 SP4を同梱するほか、7月にウェブサイトでCD-ROM版の注文受け付けを開始する。

マイクロソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR