IBM、「Tivoli Federated Identity Manager」をまもなく発表へ

Dawn Kawamoto (CNET News.com) 2005年05月09日 21時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間9日に、シングルサインオン製品Tivoli Federated Identity Manager(TFIM)の発表を予定している。このTFIMを使用することにより、企業の従業員、取引先企業、顧客はインターネット上で安全に情報を共有できるようになる。

 TFIMはIBMにとって初めてのシングルサインオン製品である。しかし、同社は2004年10月に個人認証技術の標準化団体Liberty Allianceに加盟するなど、以前よりこの分野での活動に携わっている。

 シングルサインオン技術を導入した企業の従業員、顧客、取引先企業は、会社のウェブサイトにログオンし、ID認証を受けられるだけでなく、さらに別の企業のウェブサイトやネットワークにアクセスする際に、そのサイトに自分のIDを保証してもらうことが可能になる。

 IBMのTivoli部門でIDマネジメント担当ディレクターを務めるJoe Anthonyは、「医療給付について調べたい従業員はサードパーティサイトを見なくてはならず、その際、通常は別のログオン名やパスワードを入力する必要がある」とした上で、「今や彼らは、リンク先のサードパーティサイトに自動的に移動できる」と述べた。

 ユーザーは、TFIMを導入する企業のサイトから、その企業の内外のサービスにサインオンでき、さらにTFIMの使用を許可された取引先へのアクセスも可能だ。

 TFIMは、Liberty、SAML、WS-Federation、WS-Security、WS-Trustで策定されたものなど、複数の個人認証用標準技術との互換性を有する。

 Anthonyによると、IBMは5月後半からTFIMの出荷を開始する予定だという。

 業界アナリストによると、TFIMはComputer AssociatesのID管理製品と競合することになるという。

 2004年にセキュリティソフトメーカーのNetegrityを買収したComputer Associatesは現在、Webサービスセキュリティ管理/IDアクセス管理ソリューションを提供している。

 市場調査会社ZapThinkのシニアアナリストJason Bloombergは、「(Netegrityを買収した)CAが今後、数多くの製品をいかに統合していくのかは未知数だ」とし、「依然として競争は激しい」と付け加えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化