アパッチのメンバーら、オープンソースJavaの開発を提案

Martin LaMonica(CNET News.com) 2005年05月10日 11時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apache Foundationが、デスクトップ向けのオープンソース版Javaの開発を提案した。この計画に対し、Sun Microsystemsはとりあえず歓迎の意向を示している。

 米国時間6日に正式に提案された「Project Harmony」は、デスクトップPCでJavaプログラムを動作させるのに必要な「Java 2 Standard Edition(J2SE)」と呼ばれるソフトウェアの全面的な書き直しをねらいとしている。

 同プロジェクトは、人気の高い複数のオープンソース製品を支えるApacheのメンバーと、Javaの開発に携わる複数の個人によって提案された。提案者らは、Javaバーチャルマシン(JVM)、関連のライブラリ類、そしてテスト用ソフトウェアの開発を計画しており、これらはすべてApacheのオープンソースライセンスで公開される。

 同プロジェクトの提案が受け入れられれば、オープンソースの開発者らが何年も前から要求してきた--そしてSunが拒み続けてきたものが誕生することになる。

 Sunは、J2SEの開発を主導するとともに、テスト用ツールと、異なるJavaソフトウェアライセンシー間の互換性を保証するリファレンス・インプリメンテーションを提供している。同社は、法的な面と、Javaの互換性に対する顧客の懸念を考慮し、自社のJ2SEソフトウェアをまだオープンソースにしてはいない。

 Project Harmonyを提案したグループは、オープンソース版J2SEには「コミュニティから幅広い関心が寄せられている」と同プロジェクトの提案書とFAQに記している。そこには、Project HarmonyはSunとの直接的な競合を意図したものではないと書かれており、法的問題を回避するコード提出プロセスを採用するとの記述もある。

 同グループが今このプロジェクトに着手するのは、Sunがオープンソースソフトウェアのさらなる便宜をはかるべく「Java Community Process」と呼ばれるJava標準化作業の規則を変更したためだ。

 Sunのバイスプレジデント兼フェローのGraham Hamiltonによると、Sunは同プロジェクトを歓迎するが、個人的にはその必要性に疑問を感じるという。

 Hamiltonは自身のブログに、「Harmonyプロジェクトの今後の進展はかなり気になる。J2SEを本格的に実装するのは途方もなく大変な作業だ。そのことはSunのJ2SEチームが百も承知だ」と書いている。

 Hamiltonはさらに、Sunも同プロジェクトに何らかの形で参加する可能性が高いと付け加えている。

 オープンソース版Javaの支持者らはProject Harmonyを歓迎するものと思われるが、どのようなプロジェクトでも、その結果が見えるまでには3〜5年がかかると、Burton GroupのアナリストAnne Thomas Manesは話している。同氏によると、ApacheはSunが用意したJ2SEのテストガイドラインに従わざるを得ないため、互換性の問題は発生しないはずだという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化