2004年の国内通信事業者によるiDC市場は2081億円規模--IDC Japan調査

ニューズフロント 2005年05月10日 15時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは5月9日、国内通信事業者によるインターネットデータセンター(iDC)に関する調査結果「国内通信事業者のインターネットデータセンター市場2005年〜2009年の予測」を発表した。国内通信事業者の提供するiDC市場の規模は、2004年実績ベースで2081億円だったという。2004〜2009年の年平均成長率は13.6%で、2009年には3944億円規模に達すると見込む。

 ITベンダーやシステムインテグレータなど他業種を含む2004年の国内iDC市場全体に対し、国内通信事業者の市場シェアは46.4%あった。内訳をみると、「(国内通信事業者が)コロケーション(53.0%)で強みを発揮している一方、ホスティング(32.6%)とITサービス(44.3%)ではやや苦戦している」(同社)。

 そのほかの主な調査結果は以下の通り。

・e-Japan関連で公共/公益事業からのニーズが拡大しており、都道府県レベルから市区町村レベルまで案件が増えている

・製造業を中心とする一般企業からの引き合いは全般的に好調で、情報漏えい対策や災害復旧および事業継続への関心の高まりとともに、金融業やeビジネス関連企業などからも引き合いは増大している

IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR