サン、プロコムのストレージ製品資産を買収へ

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年05月10日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsが、Procom Technologyのストレージシステム・ソフトウェアとエンジニアを5000万ドルの現金で買収することで合意した。ネットワークストレージ製品を販売するProcomは経営面で苦況に陥っていた。

 Sunはすでに、NAS(Network Attached Storage)製品の5000シリーズにProcomのNetFore OSを採用しており、この分の使用料を支払っている。現地時間9日に発表されたこの買収で、ProcomはOS、関連特許、一部のエンジニアをSunへと引き継ぐ計画だと、Procomの関係者は述べている。

 「Procomの技術を取得し、NAS製品の品揃えを強化することは、われわれが現在進めているストレージ市場への注力を反映したものだ」と、Sunのネットワーク・ストレージ部門エグゼクティブ・バイスプレジデントのMark Canepaは声明の中で述べている。Sunによると、この買収は6月にも完了する見込みだという。

 Sunはストレージ市場で、Network Applicance、EMC、Hewlett-Packard(HP)といったライバルを相手に、なかなかシェアを拡大できずにいる。しかし同社はこの市場を諦めることを頑なに拒んでいる。この分野における同社の直近の動きとしては、「StorEdge 6920」という製品の発表が挙げられるが、これは2002年にPirus Networksの買収で獲得した技術をベースに開発したものだ。

 Sunのストレージ戦略の中では、他社との提携が重要な位置を占めている。例えば、同社のローエンド製品群はDot Hillという企業が開発したもので、またハイエンド製品群はHitachi Data Systemsのものである。なお、SunとProcomとの提携は2004年4月に発表された。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化