デル、SOHO向けギガビットLANスイッチ「PowerConnect 2700」

ニューズフロント 2005年05月11日 21時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは5月11日、ギガビットイーサネット対応LANスイッチ製品系列「PowerConnect 2700」の3モデルの販売を開始した。「従来のPowerConnect 2600製品系列に比べ、価格を同水準に抑えながら機能と管理性を向上させた」(同社)

 PowerConnect 2700について、同社は「SOHOまたは小規模ワークグループに最適なギガビットイーサネットスイッチ」と説明する。10/100/1000Base-Tポートを備え、オプションで光インターフェース(1000BaseSXまたはLX)を搭載できる。全ポートに半二重/全二重通信モード、MDI/MDI-Xの自動識別、切り替えが可能なオートネゴシエーション機能を備える。

 MACアドレス容量は8000個。IEEE802.3adリンクアグリゲーション(最大6グループ)が可能で、最大64本のVLAN接続(IEEE802.1Q準拠)に対応。1Uラックに搭載できる。ウェブベースの管理ツールを備え、特別な知識がなくてもセットアップやトラブルシューティングが容易に行えるという。

 そのほかの主な仕様と価格は以下の通り。

【PowerConnect 2708】
・ポート数:8
・スイッチ容量:16Gbps
・サイズ:43.2×264×161.8mm
・重量:2.25kg
・税込み価格:1万3650円

【PowerConnect 2716】
・ポート数:16
・スイッチ容量:32Gbps
・サイズ:43.2×329.9×230.4mm
・重量:2.77kg
・税込み価格:2万7300円

【PowerConnect 2724】
・ポート数:24
・スイッチ容量:48Gbps
・サイズ:43.2×329.9×230.4mm
・重量:3.14kg
・税込み価格:3万5700円

デルのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!