IBMとローソン・ソフトウェア、提携を強化--オラクルの買収戦略に対抗

Alorie Gilbert (CNET News.com) 2005年05月12日 11時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMと同社のソフトウェアパートナーであるLawson Softwareは米国時間11日、ビジネスシステムを中規模企業へ共同で販売する契約を結び、両社の提携関係を強化した。

 同契約に基づき、Lawsonは、次にメジャーリリースするビジネスアプリケーションにIBMの「WebSphere」プログラムを搭載する。Lawsonの次期リリース製品はJava準拠製品で、「Project Landmark」の開発コード名で呼ばれている。Lawsonはまた、2005年6月までに発表される予定の新製品とともに、「DB2」データベースプログラム、「Rational」および「Tivoli」製品などIBMのほかのミドルウェアを再販することにも合意している。

 さらに両社は、医療/小売/政府機関/教育/銀行などの産業で必要となる機能を搭載する、特定業界向けのビジネスシステムを共同で開発するとも述べている。

 互いに力を合わせることで、問題やバグの少ない、標準Javaに準拠したビジネスシステムを作り上げることができるだろうと、両社は自信をのぞかせた。

 ミネソタ州セントポールに本社を置くLawsonは、会計/人事/販売/生産などの作業を処理するソフトウェアを開発し、中規模企業に販売している。同社はOracle、SAP、Microsoftなどの企業と競合する。

 このようなプログラムを販売する企業の数は、減りつつある。Oracleは、PeopleSoftとJ.D. Edwardsという2社の大手ベンダーを買収して、その企業数をさらに減らした。Oracleの動きはこれで終わりではない。Oracleは数年前、Lawsonに合併の話を持ちかけた。もっとも、この話は以後立ち消えになっている。また最近では、OracleがSiebel Systemsを買収するという噂が流布したこともある。

 複数の分野でOracleと競合するIBMは、こうした合併に気をもんでいる。IBMは、ソフトウェア企業とのパートナーシップをてこにして、データベースおよびミドルウェア製品ばかりでなく、インテグレーションサービスに対する需要を掘り起こしているからだ。データベース分野でもIBMと競合するOracleは、アプリケーション市場における支配力を次第に強めており、IBMのビジネスに影響を与える可能性がある。

 Oracleの買収攻勢に触発されて、提携を模索する業界大手企業も見受けられる。先ごろ提携関係を強化したSAPとMicrosoftがその例だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化