米IBM、ミッドレンジのストレージシステム「TotalStorage DS4800」を発表

Dinesh C. Sharma (Special to CNET News.com) 2005年05月12日 12時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは、4Gbpsの高速ファイバーチャネルに対応したミッドレンジのストレージシステムを発表した。

 IBMは米国時間11日、67テラバイトまでのデータ容量をサポートするストレージシステム「DS4800」を発表した。TotalStorageラインへ新しく追加された同製品は、IBMのAIXやHewlett-Packard(HP)のHP-UX、Sun MicrosystemsのSolaris、MicrosoftのWindows、IntelおよびPowerベースのLinuxなど、さまざまなオペレーティングシステムに対応する。

 DS4800では、同日公開されたSAN Volume Controller(SVC)のアップグレード版などのIBM製ストレージソフトウェアもサポートする。IBMによると、SVCは現在、最大256のホスト接続をサポートしている。

 DS4800には、フェールオーバー機能が装備されており、先頃発表された「Integrated Backup for Databases(データベースの統合的バックアップ)」機能を搭載する。対象となるのはAIX上で稼働するデータベースとIBM DB2 Universal Database。他の特徴としては、システム上の問題を知らせるアラーム、長くなったバッテリー寿命、追加された2つ目のイーサネットポートなどがある。

 DS4800の2つのモデル、82Aと84Aは、米国時間6月17日から出荷される予定だ。スタート価格は5万4000ドルからとなっている。SAN Volume Controllerバージョン2.1.1は、4万4500ドルのスタート価格で5月13日に発売するとIBMは述べている。

 競争が非常に激しいストレージ市場では新製品の投入が相次いでいる。HPは、5月16日にラスベガスで開催する「HP Americas StorageWorks Conference」で、新しいストレージ製品とサービスを発表する予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?