人事業務パッケージのアイテックスがiStudyを自社ブランドで出荷、自社製品とデータ連携

日川佳三(編集部) 2005年05月13日 19時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人事アプリケーション・パッケージの販売と人事システム構築を手がけるアイテックスは7月末、同社の人事アプリケーション「ePro_St@ff」のオプション製品として、人材活用・教育アプリケーション「ePro_Study」を出荷する。価格は520万円程度。従業員1000人未満の中小規模事業者を中核ターゲットに、今後2年間で20本、2億円の売上を見込む。

 ePro_Studyは、主にITエンジニアに向けた学習ソフトとeラーニング事業を手がけるシステム・テクノロジー・アイが開発したスキル診断・学習管理アプリケーション「iStudy Enterprise Server V2」のOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けたソフトである。ePro_St@ffのオプションとして販売する。企業の戦略的人材活用を目的とする点で両社のソフトは共通しており、Javaアプリケーションとして実装しWebサービスとして動作する点も共通している。

 狙いはこうである。システム・テクノロジー・アイは今回、新たに新版でインターフェースをWebサービス化したiStudy Enterprise Server V2を開発するとともに、アイテックスの人事アプリケーションと連携させて販売機会を増やす。アイテックスはシステム・テクノロジー・アイのソフトを自社製品と連携する自社ブランド製品とすることで、自社製品の販売機会を増やすとともに派生ビジネスの規模を拡大する。

 ePro_St@ffは、人事・給与・就業管理など企業の人事業務をパッケージ化したJavaベースのWebアプリケーションである。一方、ePro_Studyは、従業員による自己スキルの診断と登録・申請、学習状況の管理機能と、企業による人材の評価・活用のための情報分析機能で構成するJavaベースのウェブアプリケーションである。システム・テクノロジー・アイが開発したデータ連携アプリケーションを用いて、ePro_St@ffとePro_Studyとの間で互いが管理するデータを互いに反映しあう運用が可能である。

 ePro_St@ffとePro_Studyの稼動環境は、出荷当初は、米IBMのJavaアプリケーション・サーバ「WebSphere」シリーズとなる。WebSphereのWebサービス通信機構を用いて、ePro_St@ffとePro_StudyがSOAP(Simple Object Access Protocol)で通信し合いデータ連携する。データベース管理システムやOSの種類は問わない。

 アイテックスとシステム・テクノロジー・アイの両社は6月29日、ePro_Studyの販促活動の第1弾として、企業の人事担当者を対象としたセミナーを共同で開催する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR