日本通信のクライアントセキュリティサービスがボーダフォンに対応

永井美智子(編集部) 2005年05月13日 19時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本通信は、5月12日より同社のクライアントセキュリティサービス「Secure PB」がボーダフォンの第3世代携帯電話(3G)ネットワークに対応すると発表した。

 Secure PBは安全性を保持しながら、社外の端末から企業のイントラネットに接続できるというもの。クライアントPC用ソフトとサーバ用ソフトの2つで構成される。クライアント用ソフトはファイアーウォールやウイルスチェック機能のほか、VPNクライアント機能などを備える。PCを起動すると自動的に専用クライアントが実行され、適切な接続方法を自動的に選択する。

 これまでSecure PBはPHSや公衆無線LAN、ADSL、光ファイバ接続に対応していた。今回新たに、ボーダフォンの3Gデータ通信カードを差し込んだPCからでもSecure PBが利用できるようになった。

 ブロードバンドの普及に伴い、社外からでもノートPCなどを利用して社内のイントラネットを利用するケースが増えている。しかし、企業のセキュリティポリシーを順守していないクライアントPCを介して不正侵入が行われる危険性がある。Secure PBは専用ソフトをPCにインストールすることで接続元PCにセキュリティポリシーを適用し、安全性の高い接続を可能にする。

 日本通信はPC用ソフトとサーバソフトを顧客の要望や現在利用している環境に合わせてカスタマイズするといい、具体的な価格は明らかにしていない。販売は代理店のNTTPCコミュニケーションズなどを通じて行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR