IBM、メインフレーム関連でレッドハットと提携強化

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年05月16日 14時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMとRed Hatは、IBMのメインフレーム上で動くLinuxのプロモーションのため、提携関係を拡大している。

 両社は先週「Red Hat Enterprise Linux 4」とIBMの「Integrated Facility for Linux」をパッケージ化すると発表した。Integrated Facility for Linuxは、メインフレームのパーティション内でLinuxを動作させるための製品だ。

 これらの製品はこれまで別々に注文する必要があったが、顧客がそれを望んでいなかったと、IBMのScott Handy(ワールドワイドLinux担当バイスプレジデント)は言う。「今回の措置により、ユーザーらは魅力的な価格設定を期待していいだろう」と同氏は述べている。ただし、購入時にどの程度割引になるかを知りたいときは、IBMかそのパートナーに問い合わせる必要がある。

 メインフレーム用のLinuxは比較的高価だ。あるRed Hatの年間サブスクリプション契約は、24時間サポート付きで1万8000ドルとなっている。

 今日、LinuxはほとんどがIntelのXeonやAdvanced Micro Devices(AMD)のOpteronのようなx86プロセッサを搭載したサーバで利用されている。一方で、Hewlett-Packard(HP)とSilicon Graphics(SGI)は、IntelのItaniumを使ったシステム上でLinuxを普及させることに努めており、IBMも同様にメインフレームや同社のPowerプロセッサを搭載した2種類のサーバ製品上にLinuxを採用している。

 Linuxとメインフレームは、新旧の技術という面白い組み合わせだが、IBMは両者の融合に非常に多くの投資を行っている。

 「Linuxは、(メインフレームの)zSeriesの売上復活において、非常に大きなインパクトをもたらした」とHandyは述べ、IBMの売上の10%以上がハイエンドサーバ上でLinuxを動作させるものだと付け加えた。

 IBMとRed Hatはまた、製品の共同マーケティングも展開していくつもりだと、Handyは述べた。

 新しい分野に進出するための大きなハードルは、ソフトウェアのサポートだ。メインフレーム用のLinuxには、現在700のアプリケーションが存在するとHandyは説明する。IBMは、企業が自社のアプリケーションをメインフレームまたはPowerベースのサーバへ移行するのを助ける「Chiphopper」というプログラムを進めている。いまのところ、ソフトウェア企業らは、Chiphopperプログラムを使って100種類のアプリケーションをリリースしていると、同氏は述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化