マイクロソフトが64ビット版Windows Server 2003を6月1日に出荷

日川佳三(編集部) 2005年05月16日 17時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月1日、64ビット拡張x86系CPU向けのWindows Server 2003を出荷する。価格はオープン。32ビット版同様、製品ラインアップはDatacenter版、Enterprise版、Standard版の3種類。PCベンダー各社が搭載サーバを順次出荷するほか、Enterprise版とStandard版は店舗でもパッケージ販売する。

 64ビット拡張版CPUとは、AMD64技術を用いたAMD製CPUとIntel EM64T技術を用いたIntel製CPUのこと。32ビット版のx86 CPUの上位互換CPUであり、既存の32ビットOSやアプリケーションがそのまま動作する。32ビットから64ビットへの移行に適したCPUである。32ビットのx86系CPUを用いた業務システムは、今後急速に64ビット拡張版CPUへ移行していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR