センドメール、送受信ポリシーに応じてメールを一元処理するミドルウェア

永井美智子(編集部) 2005年05月17日 22時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 センドメールは、メールの送受信ポリシーに応じてメール処理を一元的に行うミドルウェア「Sendmail Mailstream Manager」の日本語版を6月上旬より代理店を通じて出荷する。ウェブブラウザ上でGUIを使ってポリシーを簡単に設定できる点が特徴だ。価格はオープン。

 MTA(Message Transfer Agent:メール送信ソフト)のプラグインとして動作する。ヘッダや本文、添付ファイルの内容などに応じて、メールの受信拒否や削除、あて先変更といった処理方法を設定し、該当するメールに自動適用する。例えばMP3データを添付したファイルの送受信を禁止したり、存在しないあて先に送られたメールはスパムやウイルスチェックを行う前にメッセージを破棄したりすることができる。

 「米国では受信メールの60〜70%がスパムメールだと言われている。これらのメールを識別してサーバに保存しないようにすればメールサーバやストレージの台数を減らせるため、結果的にシステムコストを削減できる」と米Sendmailアジア・パシフィック担当副社長でセンドメール日本法人の社長を務める小島國照氏は話す。米国ではすでに2004年10月に発売され、これまでに23社、150万ユーザーが利用しているという。

 送信ドメイン認証に対応しており、Sender IDやDomainkeysと組み合わせて利用できる。これにより、送信元がメールアドレスを詐称している場合はスパムメールとして認識されるわけだ。

 また、メールの処理量、スパムやウイルスの検出率、ポリシー別の統計などをリアルタイムにグラフ化して表示するダッシュボード機能も搭載した。McAfeeやFRISK Software Internationalのウイルス対策ソフト、Cloudmarkのスパム対策ソフトのエンジンを統合して利用することもできる。

 対応OSはWindows、Red Hat Linux、SuSE Linux(United Linux)、MIRACLE LINUX、Solaris。Intel Pentium II以上の搭載機種で稼働させることを推奨している。対応ブラウザはMicrosoft Internet Explore 5.5以上、Netscape Navigator 4.7以上、Netscape 6.2以上となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化