日本HPなど、ミッションクリティカル向けJavaのサポートサービスを提供

ニューズフロント 2005年05月18日 17時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とNECはそれぞれ、HP-UXベースのミッションクリティカルシステムでJavaを利用している顧客に対し、サポートサービスを提供すると5月18日に発表した。

 日本HPは新たに「MC Javaサポートソリューション」と「MC Javaクリティカル・サービス・オプション」を用意し、サポート期間延長、サービスレベルアグリメント(SLA)に基づく24時間365日サポート、システムごとの個別解決策提供を5月18日から行う。

 MC Javaサポートソリューションでは、ミッションクリティカルシステム向け長期サポートとして、Java仮想マシン(JVM)の特定バージョンをサポート対象に選び、サポート期間を通常から3年間延長する。さらに、SLAに基づくサポートとして、24時間365日のサポートを提供するとともに、データ収集/ツール利用による障害解析時間の短縮を図る。価格は1プロセッサあたり14万8800円。

 一方、MC Javaクリティカル・サービス・オプションでは、障害/問題が発生した際に2週間以内を目標に、必要に応じて顧客ごとの個別パッチを提供する。価格は個別見積もり。

 また、NECは、米Hewlett-Packard(HP)と協業し、HP-UXを用いた基幹システム上のJavaに対して、運用性/保守性を高めるためのサポートメニュー「Mission Critical Javaプロダクトサポート」の提供を6月1日に開始する。NECが、JVMのサポート期間を最大3年間延長するほか、障害修正用の個別パッチの提供などを行う。サービスの価格は、年間14万8800円(税抜き)から。

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース
NECのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR