「戦略的ITにはSOA」--専任組織設置でSAPが支援

藤本京子(編集部) 2005年05月18日 20時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは5月18日、SAP版のサービス指向アーキテクチャ(SOA)となる「Enterprise Services Architecture(ESA)」の導入を促進するための新たな専任組織を設立し、導入支援プログラムとなる「ESA Adoption Program」を提供開始すると発表した。

 ESAは、SAPが2003年に発表したコンセプトで、「ビジネスとITのギャップを埋め、変化にすばやく柔軟に対応できるITを、コストをかけずに提供するための基盤だ」と、SAPジャパン バイスプレジデント ソリューション統括本部長の玉木一郎氏は説明した。ESAが必要な理由として玉木氏は、「これまでのITはコスト削減や業務の効率化が主な目的となっており、こうした方法でITを活用すれば収益を確保できた。しかし今では内部効率化による収益確保に限界がきている。他社と差別化し、競争力をつけるためのITが必要で、ビジネス戦略にあわせて柔軟に変化できるITを実現しなくてはならない」と述べた。

SAPジャパン バイスプレジデント ソリューション統括本部長 玉木一郎氏

 そこでSAPは、従来のカスタム開発における個別案件への柔軟な対応性と、パッケージ製品における短期間導入と低コストの良さを組み合わせ、SAP NetWeaverというプラットフォーム上にて既存システムとSAP製品を再構成したシステムを提供する。「これまでのパッケージ製品は、完成した自動車を提供していたようなもの。これからは、自動車の部品を提供し、顧客と共同でSAPが自動車を作り上げていくイメージだ」(玉木氏)

 ESA Adoption Programを提供するための専任組織は30人体制となる。同プログラムでは、顧客のIT環境およびビジネス戦略を理解した上で、SAPの製品やサービスを組み合わせたIT環境のESA化を提案する。これは、「Discovery(発見)」「Evaluation(評価)」「Implementation(導入)」「Operation(運用)」という4つのフェーズに分けて行われる。

 Discoveryフェーズでは、顧客にESAの本質を理解してもらい、経営戦略とIT戦略の同期をとるために何が必要かを明確にし、対応策を検討する。Evaluationフェーズでは、顧客のITシステムや業務アプリケーション環境を実際に分析し、ESA化のためのロードマップを描く。Implementationフェーズでは、そのロードマップをプロジェクト化し、導入を開始する。Operationフェーズは実際に運用を開始し、サポートを行う。

 専任組織となるNetWeaver アドバイザリー・オフィスでNetWeaverアドバイザの役目を担う長船利彦氏は、「ESA Adoption ProgramをまずSAPの既存顧客に提案し、2005年末までに30社以上での採用を見込む」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化