HP、ストレージ製品ラインを強化

Stephen Shankland (CNET News.com) 2005年05月18日 20時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間16日、ミッドレンジのストレージシステムのラインナップを刷新するとともに、今後のストレージ技術のフレームワークを公開した。

 HPは、「Enterprise Virtual Array」ラインの現行製品のうち、3000と5000を廃止し、代わりに4000、6000、8000の3モデルを追加した。同社によると、新しいシステムは最大容量が増え、通信性能も高速化されているという。各システムに搭載されるハードディスクの数は、3000と4000が56台で、5000と8000が240台。そのため、112台のハードディスクを搭載する6000が追加されたことで、顧客はこれまでの中間に位置するシステムを選べるようになった。

 製品ラインの拡充は、EMCやNetwork Applianceなどのストレージメーカーと、とくに再販業者経由での販売で競争していく上でHPの役に立つはずだと、Merrill LynchのShebly Seyrafiは述べている。

 また、HPは同日「Enterprise File Services (EFS) Clustered Gateway」も発表した。同製品は、ProLiant DL380サーバを利用して構築されたNAS(Network Attached Storage)システム。ProLiant DL380サーバとの接続には、PolyServe製クラスタリングソフトウェアが使われている。

 さらに、HPは、広域ネットワークでのデータ転送を高速化する「WAN Accelerator」も発表した。同製品は、ファイル共有を高速化するもので、大企業などでは各支店に分散しているストレージシステムを、一箇所に集中させて管理を簡素化させる機能も備えている。

 HPのストレージ/サーバグループは収益が安定しておらず、そのことが同社の弱点になっている。このため、同社では顧客の関心をつなぎ止めることに取り組んでいる。

 同社では、「HP StorageWorks Grid」というビジョンを掲げて、顧客の関心を引こうとしているが、これは今後ストレージがどういう働きをすべきかについて述べたものだ。

 このビジョンのなかでは、ストレージシステムは簡単に拡張/設定/運用できるものになるという。このシステムは、主要な技術を使って作られるコンポーネント(スマートセル)で構成される小さなモジュールの集合体になる。そして、個々のスマートセルからストレージシステムを使用するためのソフトウェアは、仮想化レイヤーで保護されるため、設定が簡単に変更できるようになると、同社のAnn Livermore (テクノロジーソリューショングループ担当バイスプレジデント)は述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化