富士通、Sparc搭載サーバ製品をアップグレード

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年05月19日 20時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は、IntelのItaniumプロセッサを使ったハイエンドサーバ製品の発表から数週間遅れで、自社のSparc64プロセッサを搭載する別の製品をアップグレードした。

 同社は米国時間17日に、PrimePowerサーバの5モデルに、新たに2.08GHzのSparc64プロセッサを搭載したと発表した。同プロセッサは、1.35GHzまたは1.89GHzで動作していた旧製品よりも高速で、Sun MicrosystemsのUltraSparcプロセッサと互換性がある。

 Sparcプロセッサを搭載したサーバは、SunのSolarisで動作する。だが、Itaniumベースのサーバが4月に追加されたことで、富士通のハイエンドサーバは、その他に2つのOS--LinuxとMicrosoft Windowsに対応することになる。

 「富士通はリスクヘッジとして、両方の市場でパートナーになろうとしている」と、GartnerアナリストのJohn Enckは述べている。「どちらか一方に賭けることは難しい。Itaniumが飛躍的に伸びているわけではなく、Sparcも同様だ」(Enck)

 富士通のシステムには、最大128基のプロセッサを搭載可能という超弩級サーバ「PrimePower 2500」も含まれている。同サーバは最小構成(4基プロセッサ/8Gバイトメモリ搭載)で55万3000ドルとなる。最新プロセッサを搭載した最も安価なマシンは、2基のプロセッサを備え、最低構成価格が4万2780ドルのPrimePower 650だ。また、この中間に位置する3モデル--850、900、1500もそれぞれアップデートされている。

 Itaniumを搭載した同社のPrimeQuestシリーズは、最大で32基のプロセッサを搭載できる。同社は今週に入って、64プロセッサモデルの出荷予定を発表したが、このシステムは実際のところ既存製品のCPUをデュアルコアプロセッサに載せ替えたものになる。

 Sunとの提携を通して、両社は富士通から今後登場してくる「Sparc64 VI」(開発コード名:「Olympus」)をベースにしたサーバの開発を行うことになる。さらに富士通では、SunのNiagaraプロセッサを使ったSunシステムを販売する予定

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化