サン:「IBMのLinux移行促進プログラムは悪あがき」

David Berlind 2005年05月20日 20時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間17日、SolarisからLinuxへの移行プログラムの詳細を固め、希望するユーザー企業に無料で移行査定サービスを提供すると発表した。それに対して、Sunも負けじと反撃に出ている。IBMの動きはSunだけを狙ったものではない。このプロジェクトの検討する際に、IBMは(iSeriesとpSeriesのサーバに組み込まれている)OpenPowerアーキテクチャを重視した。IBMはここ1年ほど、サーバの分野でMicrosoftとIntelの両方に対して攻撃を仕掛けているのだ(前者にはLinux、後者にはOpenPowerで対抗)。IBMのこの動きは注目に値する。「IBM:すべての道はLinuxとPowerに通じる」という題でもう1つブログを書かなければならないと思っているくらいだ。今回のところは、「*ix」の戦いに関するSunの言い分を紹介するにとどめておこう。以下に、IBMの移行プログラムに関して、SunのOSマーケティング担当ディレクタであるChris Ratcliffeが電子メールで発表した声明文を紹介する。

IBMの攻撃は悪あがきとしか思えない。Solaris 10を脅威と感じていることの表れだろう。性能、セキュリティ、保証の面でRed HatよりもSolaris 10の方が優れているため、J.P. Morganなどの企業は、SolarisからLinuxではなく、逆にSolarisに移行している。

SunのPR顧問からの電子メールも同様に興味深い:

ご存知のように、本日、SolarisからRed Hatへの移行プログラムをIBMが発表した。この動きについて私どもは驚いてはいない。これは明らかにSolaris 10の勢いが益々強まっていることに対する動きにほかならない。また、敵対的な移行キャンペーンはごく普通に行われることだ。私どもも、たとえばHP-UXやAIXからの移行サービスなどを行っている。実際のところ、よく見られるのは逆方向の移行、つまりRed HatからSolarisへの移行だ。顧客は、テクニカルサポートがないことや、サポートされるプラットフォームがないこあと、エンタープライズ向けの機能がないことが不満のようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR