サン:「IBMのLinux移行促進プログラムは悪あがき」

David Berlind 2005年05月20日 20時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間17日、SolarisからLinuxへの移行プログラムの詳細を固め、希望するユーザー企業に無料で移行査定サービスを提供すると発表した。それに対して、Sunも負けじと反撃に出ている。IBMの動きはSunだけを狙ったものではない。このプロジェクトの検討する際に、IBMは(iSeriesとpSeriesのサーバに組み込まれている)OpenPowerアーキテクチャを重視した。IBMはここ1年ほど、サーバの分野でMicrosoftとIntelの両方に対して攻撃を仕掛けているのだ(前者にはLinux、後者にはOpenPowerで対抗)。IBMのこの動きは注目に値する。「IBM:すべての道はLinuxとPowerに通じる」という題でもう1つブログを書かなければならないと思っているくらいだ。今回のところは、「*ix」の戦いに関するSunの言い分を紹介するにとどめておこう。以下に、IBMの移行プログラムに関して、SunのOSマーケティング担当ディレクタであるChris Ratcliffeが電子メールで発表した声明文を紹介する。

IBMの攻撃は悪あがきとしか思えない。Solaris 10を脅威と感じていることの表れだろう。性能、セキュリティ、保証の面でRed HatよりもSolaris 10の方が優れているため、J.P. Morganなどの企業は、SolarisからLinuxではなく、逆にSolarisに移行している。

SunのPR顧問からの電子メールも同様に興味深い:

ご存知のように、本日、SolarisからRed Hatへの移行プログラムをIBMが発表した。この動きについて私どもは驚いてはいない。これは明らかにSolaris 10の勢いが益々強まっていることに対する動きにほかならない。また、敵対的な移行キャンペーンはごく普通に行われることだ。私どもも、たとえばHP-UXやAIXからの移行サービスなどを行っている。実際のところ、よく見られるのは逆方向の移行、つまりRed HatからSolarisへの移行だ。顧客は、テクニカルサポートがないことや、サポートされるプラットフォームがないこあと、エンタープライズ向けの機能がないことが不満のようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化