日立、セキュリティPCの第2弾はブレードPCにデータを集約

別井貴志(編集部) 2005年05月23日 22時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所の情報・通信グループは5月23日、「セキュアクライアントソリューション」のラインナップを拡充したと発表した。

 2005年2月に発表した第1弾のソリューションでは、ハードディスクを搭載しない「セキュリティPC」と呼ばれる「FLORA Se210」をクライアント端末として、フラッシュメモリカードにセキュリティ機能を実装した標準規格Mc-EX規格のICカード認証装置「KeyMobile」、VPNソフトウェア、通信制御ソフトウェアなどで構成され、FLORA Se210とkeyMobileを通じた認証により、VPNを通じてオフィスのホストにリモートアクセスするかたちだった。ハードディスクを搭載しないので、セキュアPCを紛失・盗難しても、情報漏えいの心配がないほか、keyMobileによる認証でなりすましなどの不正アクセスも防げる。おもに、モバイルユーザーなど社外からのアクセスを対象にしたソリューションだ。

 セキュリティPCから社内の自席にあるPCへアクセスする「ポイント・ポイント型」と、サーバー上の仮想PCへアクセスする「センター型」の2タイプが用意された。

 これに対して、今回の第2弾では、データセンターに設置するクライアントブレードと呼ぶブレード型PC「FLORA bd100」を新たに開発し、6月3日に出荷する。ディスクを搭載しないセキュアPCにA4サイズのノート型「FLORA Se270」と液晶ディスプレイ一体型「FLORA Se310」も加えた。

 クライアントブレードは、ブレード1枚にインテルのCeleron M(1.4GHz)プロセッサ、512MBのメモリ、40GBの2.5インチハードディスク、OSはWindows XP Professional Blade PC Editionを搭載している。このクライアントブレードを使い、第1弾のポイント・ポイント型を発展させた「ポイント・ブレード型」の方式を加えた。

 社内のPCにあるデータをすべてブレードに移行、集約し、各ユーザーはセキュリティPCからデータセンターなどに設置したブレードにアクセスする。クライアントブレードは、3Uサイズに最大14枚のブレードを収容でき、1ユーザーが1ブレードを占有して利用する。38Uフルラック1台に最大112台のPCを集約できる。これにより、社内のセキュリティを確保できるほか、業務PCをクライアントブレードに集約して一元的に集中管理できる。

 このほか、セキュリティPCの周辺機器やオプションとして、静脈パターンの画像によって個人を識別する指静脈認証ソリューションや、グループウェアなどのソフトと連携し、画面上で電話発信操作が可能なIP電話も開発し、両方とも7月15日から提供する予定だ。。また、税別価格が6万円台のデスクトップ型セキュリティPC「Se330」と、指静脈認証を内蔵したSe210をそれぞれ10〜12月に出荷する予定だ。

 今回発表された各製品の出荷開始時期や価格などの詳細は、以下のとおり。なお、セキュリティPCの動作には本体の他に認証デバイスのKeyMobileと通信制御ソフトが別途必要だ。

【液晶一体型デスクトップ FLORA Se310】

FLORA Se310(右)と指静脈認証(左)

  • プロセッサ:インテル Celeron Dプロセッサ 2.40GHz
  • メモリ:256MB
  • ハードディスク:なし
  • 画面:15型TFTカラーXGA/17型TFTカラーSXGA
  • OS:Microsoft Windows XP Embedded
  • 重量:約10kg
  • 税抜き価格:12万4000円
  • 出荷開始:2005年7月15日

【A4ノート型 FLORA Se270】

FLORA Se270

  • プロセッサ:インテル Celeron Mプロセッサ 1.40GHz
  • メモリ:256MB
  • ハードディスク:なし
  • 画面:15型TFTカラーXGA
  • OS:Microsoft Windows XP Embedded
  • 重量:約3.3kg
  • 税抜き価格:12万9000円
  • 出荷開始:2005年8月9日

【クライアントブレード FLORA bd100 クライアントモジュール】

  • プロセッサ:インテル Celeron Mプロセッサ 1.40GHz
  • メモリ:512MB
  • ハードディスク:40GB
  • OS:Microsoft Windows XP Professional Blade PC Edition
  • 重量:約1.1kg
  • 税抜き価格:12万9500円
  • 出荷開始:2005年6月3日

【クライアントブレード FLORA bd100 ベースユニット】

  • ブレード搭載数:最大14枚
  • 外形寸法:426(W)×702(D)×128.8mm 3Uサイズ
  • 重量:シャーシのみ17.4kg、ブレードフル搭載時約34kg
  • 税抜き価格:20万円
  • 出荷開始:2005年6月3日

【セキュアクライアントソリューション ポイント・ブレード型】

  • 税抜き価格:個別見積もり。概算では100ユーザーあたりの最小構成で約3300万円から
  • 出荷開始:2005年6月3日

*参考価格:ポイント・ポイント型は100ユーザーで約1800万円から、センター型は同約3300万円から

クライアントブレード FLORA bd100 ベースユニット(左)と、クライアントモジュール(中)、2005年2月に発表されたFLORA Se210(右)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化