ウインドリバー vs モンタビスタ--組み込みLinux市場での競争が過熱

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年05月25日 12時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話やネットワーク機器などに採用されている組み込みLinuxの市場で今週、Wind River SystemsとMontaVista Softwareとの争いが過熱した。

 Wind Riverは米国時間23日、同社のユーザカンファレンスのなかで、開発ツール「Workbench」の新バージョンを発表した。同社はこのツールで、MontaVistaの縄張りに食い込みたい考えだ。開発者向けのツールは組み込みコンピューティング技術の重要な部分であり、WorkbenchはこれでMontaVistaのLinuxを設定し、それを機器に組み込む目的にも使えるようになった。

 これに対し、MontaVista側も、Wind Riverの動きを黙って見過ごしてはいなかった。開発者に自社のプログラミングツール「DevRocket」を使わせたいと考えている同社は、Wind Riverのカンファレンス参加者に対してビラを配布し、MontaVistaがLinuxに注力しているのに比べ、Wind RiverはLinuxだけでなく、同社のプロプラエタリOS「VxWorks」も扱っているため、両方に注意が分散していると訴えた。

 またこのビラには、Wind RiverでオープンソースOSのBSDを採用する計画が頓挫したことや、VxWorksとLinuxの間で優先順位付けが分かれていることに触れ、「最近、Linux市場に不慣れなベンダー自身が、Linuxについての理解のなさをあらわにしている」と書かれている。

 両社が互いを攻撃するのは、今回が初めてではない。先ごろ行われたインタビューで、Wind River最高経営責任者(CEO)のKen Kleinは、MontaVistaのことを実験でひどい目に遭わされているハツカネズミにたとえ、「彼らは、不幸なハツカネズミであり、自社のビジネスモデルについて多くの誤りを犯している」と述べていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化