UDB LINUXジャパン、大容量/低価格のユーティリティ型ストレージサービスを提供

エースラッシュ 2005年05月27日 13時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユーディービィー・リナックス・ジャパン(UDB LINUXジャパン)は5月25日、大容量で低価格のユーティリティ型ストレージサービス「ニアストレージドットコム(NearStrage.com)」を、6月27日から提供開始すると発表した。

 UDB LINUXジャパンは、ビジネス分野でLinuxの利用を推進するために設立された野村総合研究所と日本IBMの合弁会社だ。今回提供が開始されるNearStrage.comは、ストレージ装置の導入や構築が不要なほか、月額料金で必要なデータ容量をネットワーク経由で使えるというもの。また、1TB〜12TBの大容量ディスクスペース、専門知識なしでもIPネットワークと標準プロトコルで利用可能、RAID−DPや履歴保存によるデータの保護といった特徴がある。

 複製やバックアップに関しては、データ複製ソフトウェア「SnapMirror」やバックアップソフトウェア「SnapVault」を採用。8月からは、データの保護や改ざん防止規制に対応する「SnapLock」のWORM機能も提供される予定だ。

 サービス料金は初期設定料金が50万円からで、契約最小単位となる1TBの利用で月額12万円(1GBあたり月額120円、管理費および回線費用を除く)かかる。同社では2005年度における本サービスの目標採用社数を30社としている。

ユーディービィー・リナックス・ジャパン

NearStrage.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR