日立がItanuim 2ブレードサーバにHP-UX搭載機を追加

日川佳三(編集部) 2005年05月25日 19時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は8月31日、OSにHP-UX 11iv2を搭載したブレードサーバ「BladeSymphony」を出荷する。価格は153万5000円(税抜き)から。これにより、BladeSymphonyのOSのラインアップは、Windows Server、LinuxとHP-UXの3種類になった。

 HP-UXは米Hewlett-Packardが開発した、同社のRISC UNIX機向けのOSである。同社のRISC機が搭載するPA-RISCに加え、同社と米Intelが共同開発したPA-RISC後継CPUであるItanium 2上でも動作する。つまり、Itanuim 2搭載のIAサーバであれば、HP-UXが動作する。

 日立製作所は、1994年から、米Hewlett-PackardのUNIX機とHP-UXのOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けてきた歴史を持つ。HP-UXの開発には日立製作所の技術者が米Hewlett-Packardに常駐して開発に参画してきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR